ニュース

時系列からルールを抽出し、未来を予測することができるデータサイエンティストを目指す学生を募集しています。データサイエンスは新しい研究分野で明確な学問体系もありません。自分で新しい分野を切り拓いていくんだぐらいの気力, 体力を持った学生がデータサイエンスの研究に向いていると思います。 興味を持たれた方は 問い合わせ下さい。
2020年8月: 論文発表
時系列解析を用いてたくさんリツイートされることの影響を調べた論文が出版されました。David Adelani, Ingmer Weber, Przemyslaw A Grabowicz との共同研究になります。
論文: 英語
2020年6月: 研究紹介動画の公開
研究紹介動画 をアップしました。 スライドのPDF は こちら です。 小林を指導教員にすることを検討されている方はぜひご覧ください。
2020年3月: 研究会開催
第10回数理モデリング研究会 を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、規模を縮小しインフォーマルな研究会として限定的に開催しました。
2019年12月: 講演会開催
第2回数理モデリングカフェを開催しました。西成活裕先生が渋滞学について講演しました。
講演レポートはこちら
2019年10月: プレスリリース, 論文発表
神経信号からニューロン (神経細胞) 間のつながりを推定するデータ分析技術についての論文が Nature Communications誌から出版されました。栗田 修平, Anno Kurth, 北野 勝則, 水関 健司, Markus Diesmann, Barry J. Richmond, 篠本 滋との共同研究になります。
プレスリリース: 日本語, Web アプリ, 論文: 英語
2018年6月: GitHub を始めました
人気度予測アルゴリズム (Kobayashi & Lambiotte, ICWSM 2016) の Python コード をGitHubにアップしました。Webマーケティングなどへの応用にお使いください。 Cコードは こちら
2017年5月: 書籍が出版されました
SF作家と研究者のコラボによって、人工知能のトピックを紹介した書籍 「人工知能の見る夢は」 が文春文庫から発売されます。 興味を持たれた方はぜひお買い求めください。
2017年2月: 脳シミュレーションのコード公開
神経細胞の数理モデル (MAT model) の MATLAB コード をアップしました。脳のシミュレーションにお使いください。

研究概要

本研究室では、時間とともに変化する何かについてのデータ (時系列データ) から、全体はどのようなルールに従っているのかを明らかにする方法論を開発しています。

研究テーマ

  • 脳科学, Web科学分野における数理モデリング, 時系列分析
  • 神経細胞が行う情報処理についての研究
  • 脳, 神経系シミュレーション