メンバー

スタッフ

  名前 メール 居室
教授 郡 宏 kori(at)k.u-tokyo.ac.jp 5H3
准教授 小林 亮太 r-koba(at)k.u-tokyo.ac.jp 5H4
講師 泉田 勇輝 izumida(at)k.u-tokyo.ac.jp 5H5
秘書 志賀 惠美 shiga(at)edu.k.u-tokyo.ac.jp 5F6
研究員 大前 奈月 omae.natsuki(at)mail.u-tokyo.ac.jp 5E1

※居室は柏キャンパス・新領域基盤棟

大学院生

学年 名前 研究
D3 長沼 健
D1 小澤 歩
D1 松木 彩星
M1 矢部 ナバロ ソフィア
M1 佐野 海斗
M1 長岡 萌子
M1 丸井 優一郎

卒研生

年度 名前 研究
2019 高澤 祐槻 [卒論]サッカーにおける人の動きのモデリングとその解析
2019 園部 裕人 [卒論]結合振動子系の分岐構造のデザイン
2019 寺崎 峻 [卒論]幾何学的確率共鳴の数理的研究
2019 富士 晃成 [卒論]結合振動子ネットワークの同期と粗視化に関する研究

卒業・修了生(お茶大)

2019年度卒 上田 潮里 [卒論]安定な電力網の設計原理
[修論]電力網同期の頑健性のネットワーク構造依存性に関する数理的研究
  小澤 歩 [卒論]振動子集団の同期を抑制するフィードバックのデザイン
[修論]不均一な振動子集団の制御:大域的なフィードバックの効果の解析と最適化
  千葉 友紀子 [卒論]鳩が飛翔する際の最適な位置関係の理論研究
[修論]ストークス流体中の結合回転子集団の協働ダイナミクス
  山下 璃紗 [卒論]細胞間接着によるパターン形成の数理モデル
[修論]双方向的流れを持つネットワークの最適構造
2018年度卒 稲垣 志帆 [卒論]血管網における最適構造の数理的研究
[修論]バンドパスフィルタを用いた振動子集団の同期の解析
  松尾 早紀 [卒論]集団の歩行同期による橋の異常振動:モデル化と解析
[修論]概日リズムのモデル構築と解析
  吉井 怜奈 [卒論]エサは右か左か? 相互抑制に基づく化学走性の数理モデル
[修論]化学走性における最適なレセプター間相互作用に関する数理的研究
  岡﨑 詩歌 [卒論]シンクロの可聴化
  中島 由貴 [卒論]双安定系の転移現象:てんかんの理解を目指して
  堀之内 あゆ [卒論]サッカーの最適戦略の数理的研究
2017年度卒 杉村 佳織 [修論]defect数揺らぎに着目した時空カオスの統計的性質の解析
[博論]Theoretical study on ordering of polarity and oscillation in cell populations
  加藤 由里子 [卒論]周期が大きく異なるリズム集団のシンクロ
[修論]リズム集団のシンクロの理論研究:不均一性とノイズの効果およびリズミックな動作の同期解析
  吉田 理紗子 [卒論]流体中における繊毛集団モデルのダイナミクス
[修論]ストークス流体中の結合回転子集団の同期と遊泳ダイナミクス
  中西 智美 [修論]ロバストな輸送ネットワークの自己組織化モデル
2016年度卒 石川 夏衣 [卒論]相互作用によるリズムの正確性の向上に関する数理的研究
[修論]振動子ネットワークの自己組織的最適化モデル
  窪谷 まりあ [卒論]数理モデルを用いた歩様転移と移動効率に関する研究
[修論]歩様転移を示す数理モデルの構築と解析
  鳥山 早紀 [卒論]ピアノ弦ダイナミクスの数理モデル:調律の特殊な効果について
[修論]打楽器の数理モデル:モード間相互作用の音色に対する効果
  森田 紫 [卒論]集団運動の新モデル:魚の回遊は近接相互作用で現れるのか
[修論]方向転換の非対称性を持つ自走粒子集団の秩序化現象
  寺重 瑛 [卒論]銀行規模を考慮したシステミックリスクモデルの解析
  深代 麻緒 ネットワークを通した協力の伝染メカニズムの解明
2015年度卒 酒向 美帆 [卒論]興奮波の一方向性伝播に着目した不整脈の研究
[修論]興奮波の伝播異常:心筋細胞集団の接続性やヘテロ性の影響について
  重冨 麻美 [卒論]微小物体の流体相互作用系のシミュレーション
[修論]ストークス流体中の結合回転子の遊泳ダイナミクスと効率
  椿田 萌 [卒論]最適化に基づく葉脈形成のシミュレーション
[修論]流路の樹状ネットワークの自己組織化モデル:血管網や河川網などの形成原理と構造解明に向けて
  佐藤 果穂 [卒論]協力かだますのか? 富の数理モデル
2014年度卒 小西 幸奈 [修論]人工為替市場モデルを用いた価格ダイナミクスの統計性に関する研究
  筑後 咲穂 [卒論]体内時計と季節:日が延びると寝坊する?
[修論]光刺激を考慮した体内時計モデルの解析:時差からの回復や季節変動の影響について
  藤澤 彩也香 [卒論]集団運動と化学走性が作る「集団知」
[修論]生物集団の採餌モデルの数理モデルとシミュレーション-集団知の検討
  河村 有紗 時差ボケの東西方向に対する非対称性:振幅方程式によるアプローチ(数学科)
2013年度卒 斎藤 亜美 [卒論]チューリング・パターンの境界条件の効果と画像フィルタへの応用
  石川 佳愛 [卒論]輸送ネットワークのダイナミクスと制御(数学科)
  影山 知余子 [卒論]振動子集団の密度と振動ダイナミクスの相互作用(数学科)
2012年度卒 草桶 翠 [卒論]ホタルのシンクロと集団運動
  高橋 七地歩 [卒論]歩行者のとまどい運動
  宮田 愛 [卒論]セルオートマトンによるパターン形成

元スタッフ・研究員

職(期間) 名前 現職
特任助教 小林 康明 北海道大学・電子研・准教授
研究員 設楽 恭平 沼津高専・助教
  小串 典子 京都大学・研究員
  永田 裕作 理研・研究員
  泉田 勇輝 東京大学・講師
  加藤 秀行 大分大学・講師
  森 史 理研・研究員
  伊藤 浩史 九州大学・准教授
  永井 健 北陸先端大学・講師
  Ralf Toenjes ポツダム大学
  Dimitri Loutchko 東京大学・研究員